乳幼児から始めるべき理由


スタートは早ければ早いほどいい理由とは?

GLITTER式マッサージ®を受けているお子さんの中には、生後数ヶ月の赤ちゃんもいます。患者さんの大半は小学生未満です。私たちは「できれば2-3歳頃までにマッサージを始めましょう」「始めるのは早ければ早いほど良いですよ」とご案内をしています。事実、早くからマッサージを始めた子とそうでない子を比べると、明らかにその後の経過に差があるのです。

これはいったいなぜでしょうか?そこには大きく3つの理由があります。

1脳は3歳頃までに最も発達するから

「三つ子の魂百まで」という格言の通り、「脳の80%が3歳までに発達する」と言われています(発達心理学の分野で著名なホワイト博士(ハーバード大学教授などを歴任))。

実際、私たちの脳は生涯に渡って学習をし続けますが、乳幼児期の学習能力はズバ抜けて高いことが知られています。英語や音楽など、幼児教育の世界でもよく知られていますよね。

脳は、経験や学習の積み重ねによって新たな神経回路を作り出すことができます。例えば、何らかの理由で脳が傷つき、ある機能を失ったとしても、別の神経回路を作ってそれを補う力を持っているのです。そして、幼少期(脳の臨界期)はこの能力がとても高いのです。

ですから、いかに幼少期に適切な刺激を与えてあげられるか?その差が子どもの未来に大きな違いをもたらすと私たちは考えています。

 

2骨の変形予防や免疫力アップを図れるから

生まれてから急成長を遂げるのは脳だけでありません。身体もまた、ものすごいスピードで成長し骨や筋肉も発達します。例えば、体重は出生からわずか3年で2倍に成長します。

こうした身体の成長期に脳性麻痺などで筋肉が硬い状態だと、骨が正常に発達できずに変形しやすくなってしまいます。また、筋肉が正常な働きをしていないと、血液の循環や内臓機能にも悪影響を与えます。すると、風邪をひきやすかったり合併症を起こしやすくなったりします。

ですから、少しでも早いうちからGLITTER式マッサージ®を始め、骨の変形を予防したり、免疫力を強化していくことをお勧めしています。

 

3子どもの可能性の芽を摘まずに済むから

子どもの人格やセルフイメージは、身近な人の態度や言葉で作られます。そしてそのイメージ通りに子どもは育ちます

例えば、お母さんがことあるごとに「○○ちゃんは出来ないもんね」 と言い聞かせたり、「一般的にはこうなるでしょう」という医学常識を鵜呑みにして接してしまうと、本人も「自分はここまでしか出来ない」と思い込んでしまいます。つまり、子どもの育つ可能性を狭めてしまうのです。

miracolo(ミラコロ)は、イタリア語で「奇跡」を意味します。実際の医療現場では、現代の医学常識では信じられないような光景や出来事によく出くわします。小児障がい医療の現場でもそれは例外ではありません。ですから私たちは、親御さんと一緒に子どもたちの可能性を信じ、日々の中でふと起こるミラクル、小さな幸せ作りに全力を注ぎます。

 

最後に、 子どもたちが何より大好きなのは、元気なママの笑顔です。 辛いこと、悔しいこと、理不尽なこと、不安なこと…。悩みは尽きないかもしれません。だからこそ、一人で抱え込まずに気軽に相談できる環境、ちょっとでも心が休まるひと時を提供したいと考えています。

どんな些細なことでも結構です。気になることは何でもお気軽にお問い合わせください。 お電話の他、メールでも受け付け中です。 あたなとあなたのご家族、そしてお子さんの笑顔のために。当院にできることがきっとあります!