マッサージの効果


医師やPTも推奨!GLITTER式マッサージ®の効果

GLITTER式マッサージ®なら、下記のような効果を期待できます。

  • 脳の発達を促す
  • 身体を動かしやすくなる
  • リハビリ効果が高まる
  • 背骨の変形や股関節の脱臼予防になる
  • 病気の予防や早期発見につながる
  • 睡眠の質がよくなる
  • 気持ちがリラックスして、情緒安定につながる
  • おなかの調子が整い、便通がよくなる
  • 血液やリンパの循環がよくなり、免疫力が高まる
  • ストレスホルモンの発生を抑え、幸せホルモンと呼ばれるオキシトシンの分泌を増やす
  • 呼吸器の働きが良くなり、呼吸が安定する

※注意※効果には個人差があり、保証するものではございません

効果に関する医学的なエビデンス(証拠)

医療マッサージの効果について、近年世界各国で続々と効果が報告されています。

医療マッサージにより、脳性麻痺に伴う痙攣や緊張が緩和し、表情も豊かに

平均年齢2歳8ヶ月の脳性麻痺児20人に、毎週2回、30分のマッサージを12週間継続。その結果、筋肉の痙攣や緊張が緩和したり、運動機能が改善したりした。また、表情が豊かになるなどの変化も見られた。 (Maria Hernandez-Reifら >

医療マッサージを受けた脳性麻痺児の親の大半がその効果を実感

脳性麻痺の子供(1歳5ヶ月~21歳)がいる104家族を対象にした調査では、約80%の家族がマッサージを受けたことがあり、ほとんどの親がQOL(生活の質)の向上や睡眠の質、筋肉の緊張をほぐすために「マッサージは有用だ」と考えていた。 (Gwen Maureen Glewら >

医療マッサージは脳性麻痺を抱える子どもの生活の質を向上させる

医療マッサージによって麻痺した手足の血液循環が改善され、痙攣や筋肉の緊張の軽減が認められた。柔軟性が高まったことで運動機能の改善もみられた。さらに表情が豊かになるなどの認知や社会性の向上もみられた。 (タッチセラピーの研究で世界有数のタッチリサーチ研究所 >

こんな病気にも医療マッサージは有効です

赤ちゃんのための医療マッサージの世界的権威、ティナ・アレン先生。私たちが指導を仰いでいる日本小児障がいマッサージ普及協会の青山会長が「初めて考え方や施術がとても似ている先生に出会いました!」という程、共通点の多い先生です。

そんな彼女は、もともと小児病院のNICU(新生児集中治療室)や救急センターなどで勤務した経歴を持ち、現在はメイヨークリニックを始め、世界各国の著名な病院に小児マッサージのコンサルを行っています。

そのティナ先生が、10年以上に渡って以下のような子どもたちに医療マッサージが有効であることを実証されてきました。

  • 小児脳性麻痺
  • エイズ、HIV
  • 染色体異常、ダウン症候群
  • 水頭症
  • 筋ジストロフィー
  • 二分脊椎症
  • 廃用性萎縮、その他の身体障がい
  • 地雷の被害者
  • 自閉症、ASD(アスペルガー症候群)
  • 視覚や聴覚の障がい
  • 発達障がい
  • 精神障がいや神経学的障がい

実際の患者様の声

音声
マッサージを始めて、この子は体がすごく動きやすくなっていると思います。はじめはやっぱり硬かったんですけど、ほぐしていただくことによって、動きやすくなっているということが良くわかりました。この子自身、とても上手に体を使って歩けるようにもなってきました。
音声
マッサージを受けるようになって、ボトックスを受ける期間(間隔)が伸び、子供も良く眠れるようになりました。本当にマッサージを受けて良かったなと思っています。
音声
身体の筋緊張がすごくずっと強くて、怒ることが多かったり、薬を入れてもすぐ2、3時間位で起きる日が多かったんですけど、マッサージや鍼を始めたら、そんなにすぐに起きることもなく、身体が楽なのか、怒ることも少なくなってきて、かなり身体が改善されてきているので、これからも続けていきたいと思います。

※上記はmiracoloが所属する日本小児障がいマッサージ普及協会の青山会長(TEAM GLITTER)の患者様の声です。